万田酵素って安全なの?

やはり気になる原材料の産地

万田酵素、多くの原材料が含まれていますし、長期熟成で発酵されているというだけあって、健康面ではしっかりとした効果が期待できるようです。
やはり、毎日53種類もの食材を摂取することはほぼ不可能と言えますし、費用面においてもかなりの費用が掛かります。
酵素ペーストや粒で摂取した方が手間暇も掛かることなく、費用面でも割安であることは間違いありません。
でも、気になるのがその原材料が安全なものかどうかということですよね。
これだけ多くの原材料が使われているのであれば、あまり摂取したくない国の産地であるものも入っているかもしれない・・・なんていう不安が出て来るのも無理はありません。
しかし、万田酵素は自社農場を構えており、そこで栽培された野菜や果物が万田酵素の原材料になっているので、安全なのです。
とはいえ、53種類すべての原材料をここで賄うことはできません。他から仕入れるものについては、できるかぎり因島産のものを採用するようにし、契約農家からの仕入れとなっているので安全なのです。

製造も自社で行っているので安全です

万田酵素は、酵素商品の販売会社というだけではありません。
ここ数年の酵素商品ブームで、酵素商品を売れば儲かるということでどこかに製造はお任せして、販売だけを行うというようなメーカーが多くあります。
もちろん、そのようなメーカーの中にもしっかりと製造過程をチェックしているようなメーカーもあるのですが、そうでないメーカーもあります。
しかし、万田酵素は原材料の栽培から製造、販売までを一括して行っているメーカーなので、チェック体制もしっかりとしていますし、気になることは電話相談室を設けているので質問することも可能です。フリーダイヤルで通話できますし、携帯電話からでも問い合わせできますので、気軽に電話できます。
やはり、原材料の生産から製造、販売まで一括して行っているようなメーカーはあまりありませんから、体制もしっかりしているというわけなのです。
多くの酵素メーカーとの違いはこのような一括した体制であることは間違いないので、万田酵素は安心できる酵素商品を扱うメーカーと言えるでしょう。